Tonkachi Store

  • 【TK】しんじるたぬき(信楽焼)
  • 【TK】しんじるたぬき(信楽焼)
  • 【TK】しんじるたぬき(信楽焼)
  • 【TK】しんじるたぬき(信楽焼)
  • 【TK】しんじるたぬき(信楽焼)
  • 【TK】しんじるたぬき(信楽焼)
  • 【TK】しんじるたぬき(信楽焼)
  • 【TK】しんじるたぬき(信楽焼)

Lisa Larson

【TK】しんじるたぬき(信楽焼)

Sold out7,150(税込)

【信楽焼の「しんじるたぬき」】
日本有数の陶芸の地である信楽で「リサ・ラーソン展覧会」が開催されることはリサにとっても大きな喜びでした。何かを信楽の皆さんに、そして日本に残したいという思いが、寄贈された巨大モニュメント「生命の樹」となり信楽焼の「しんじるたぬき」となりました。信楽の全面的な協力の下、信楽焼のリサ・ラーソンの「たぬき」が完成しました。

【なぜ、「しんじるたぬき」なの?】
たぬきについて調べてみると、たぬきは常に夫婦で行動し、夫は子育てにも熱心、そして生涯パートナーを変えない一途な性格だそう。そんな時、リサから送られてきた「たぬき」の、何だか優しそうで思慮深い表情を見ていると、「お互いを信じるたぬき」という言葉が浮かんできました。よく見ると「信楽」の字の中にも信があることに気づきました。「信楽は信じる楽しさ」という意味かもしれない!そこで、ああ、この子の名前は「しんじるたぬき」なのね、となりました。リサが感じた日本のたぬきを、どうぞ可愛がってください。

【信楽焼とたぬきの関係】
明治時代に陶芸家の藤原銕造が最初に陶器のたぬきを作ったとされ、1951年(昭和26年)に昭和天皇が信楽町行幸の際、たくさんの信楽狸に日の丸の小旗を持たせ沿道に設置したところ、狸たちが延々と続く情景に感興を覚え、歌を詠んだ逸話が新聞で報道されました。それをきっかけに全国的に信楽焼のたぬきが有名になりました。

【信楽焼とは】
信楽焼(しがらきやき)は、滋賀県甲賀市信楽を中心に作られる陶器で、日本六古窯のひとつに数えられる。付近の丘陵から良質の陶土がでる土地柄で、登窯、窖窯の焼成によって得られる温かみのある火色(緋色)の発色と自然釉によるビードロ釉と焦げの味わいに特色づけられ、土と炎が織りなす芸術として“わび・さび”の趣を今に伝えている。信楽の土は、耐火性に富み、可塑性とともに腰が強いといわれ、「大物づくり」に適し、かつ「小物づくり」においても細工しやすい粘性であり、多種多様のバラエティーに富んだ信楽焼が開発されている。

6,500円(税別)
サイズ(mm) W60×H65×D76
重さ 80g
備考 化粧箱入り

商品コード: LL775

YOU MIGHT ALSO LIKE

RECENTLY CHECKED ITEM

Lisa Larson Lisa Larson

カテゴリー
シリーズ
キャラクター
価格から探す
アーチスト一覧