Tonkachi Store

  • 平和のためのポット
  • 平和のためのポット
  • 平和のためのポット
  • 平和のためのポット
  • 平和のためのポット
  • 平和のためのポット
  • 平和のためのポット
  • 平和のためのポット
  • 平和のためのポット
  • 平和のためのポット
  • 平和のためのポット
  • 平和のためのポット

Lisa Larson

平和のためのポット

11,000(税込)

【ポットについて】
リサ・ラーソンが80年代にデザインした象のティーポットをベースに、瀬戸焼(愛知県)で作りました。リサの「一杯のお茶を大事に出来るなら、それは平和ってことだわ。」というメッセージを込めています。リサはかねてよりそうでしたが、近年はさらに平和に対する想いも強く、「平和のためのポット」というストレートな名前で、そんな姿勢を表しました。

・特設サイト「平和のためのポット」はこちら

【デザインについて】
当時のデザインの良いところは極力そのままに、今のリサのアイデアを取り込んでデザインしました。蓋の取っ手をフクロウに変えることで、大きな象の背中にちょこんと佇むフクロウを対比させ、大きなものと小さなものが共存する光景をイメージしています。サイズをオリジナルより一回り小さくして、日本の食卓でより日常的に使いやすいサイズを目指しました。

【スタッフから】
このポットの容量は450mlで、一般的なカップで2杯半くらい。午後のお茶の時間に丁度いい量です。ポットを右側から見ると、象とフクロウの目線がなんとなく合っている気がするのが私的なポイントです。エキゾチックな雰囲気でテーブルセットを揃えてみるのも楽しそうです。

【作家について】
リサ・ラーソン / 陶芸家
1931年、スウェーデンのスモーランド地方・ハルルンダ生まれ。Stig Lindberg(スティグ・リンドベリ)に見出され、スウェーデン最大の陶芸製作会社Gustavsberg(グスタフスベリ)社で活躍。1979年に独立。以後、現在に至るまで精力的に創作活動を続けている。日本で一番有名な北欧の猫キャラクター「マイキー」の生みの親としても知られる。
詳しいプロフィールはこちら

【瀬戸焼について】
愛知県瀬戸市を産地とする伝統的な“瀬戸焼”は、古くから人々の生活になじみ、様々な器や陶器に取り入れられてきました。海外にも多く輸出されるようになったことから、”made in Japan”の魅力を世に送り出す代表的な伝統工芸品として広く知られています。素朴な民芸品から高価な難しい染付けまで、多くの技法や柄を取り入れることができるため、どのようなスタイルも咀嚼し、作り手の意向にスッと溶け込むことができる万能な焼き物です。和食器、洋食器問わずそのデザインをどんな形でも呑み込んで親しみやすい焼き物に仕上げます。作っていただいた窯元は大正時代から続く瀬戸焼を代表する窯元のひとつです。

※「InRed」2020年9月号掲載
※「大人のおしゃれ手帖」2020年7月号掲載

10,000円(税別)

ご使用の前にこちらの注意事項を必ずお読みください。
・容量の上限は450ccが目安です。

  • ・ティーポットの絵柄は職人が一点一点手作業で貼り付けている為、若干のズレや個体差が生じます。
詳しくはお取り扱い上のご注意事項ご確認ください。

お取り扱い上のご注意はこちら
サイズ(mm) W120×H130×D92
重さ 415g
素材 半磁器
生産国 日本

商品コード: LL1857

YOU MIGHT ALSO LIKE
関連商品

RECENTLY CHECKED ITEM
最近チェックした商品

Lisa Larson Lisa Larson

カテゴリー
陶器作品
ヴィンテージ
ジャパンシリーズ
キッチン
ワイン・フード
ステーショナリー
ウェア・アクセサリー・バッグ
生活雑貨
インテリア雑貨
ベビー・キッズ
シリーズ
キャラクター
価格から探す
アーチスト一覧