RESTOCK予約商品

しんじるたぬき(信楽焼)

Lisa Larson商品番号LL775

商品価格
販売価格¥7,150(税込)
9月上旬以降、順次出荷予定。
ご購入前にお読みください

▼【予約商品】ご注文前に必ずご確認ください!

※こちらは予約商品となります。

※発送は多少前後する場合もございますので、予めご了承ください。

..............................

※予約商品のため、入荷次第順次発送となります。 該当の予約商品以外のアイテムと一緒に注文することができません。

※入荷予定の時期が異なる予約商品をご購入の場合、同じカートには入りますが、それぞれに送料がかかり、入荷次第順次出荷となります。

..............................


※システムの都合上、クレジットカードでお支払いの際のご請求はご注文を頂いた時点とさせて頂いております。ご予約商品のご注文をいただいた場合、商品到着よりも先に各カード会社からご利用代金の請求が行われる場合がございます。ご了承ください。

※お客様のご都合によるご注文後のキャンセル・返品・交換・受取拒否はできませんのでご了承ください。

※発送日、お届け日時のご指定はできません。

▼ ご購入前の注意事項は下記リンクからご確認ください。

仕様
サイズ
W6 × H6.5 × D7.6 cm
素材
陶器
重量
122 g
JAN / ISBN
4589962199220

ラッピングサービスは有料となります。

※予約商品をご注文の場合は、ラッピング対象外となります。

※一部ラッピング対象外の商品もございます。商品ページをご確認ください。

配送は佐川急便にてお届けいたします。

送料は全国一律715円(税込)となります。
※大型の商品や、メーカー直送の商品に関しては送料が異なります。各商品ページをご確認ください。

お客様のご都合による商品の返品及び交換は、基本的にお受けすることが出来ません。
配達後一週間以上経過した商品、お客様の責任での破損・汚損の生じた商品の返品・交換はお受けできません。


品質には万全を期しておりますが、万一商品が破損・汚損していた場合、またはご注文と異なる場合には、商品の配達後7日間以内にstaff@tonkachi.co.jpまでご連絡ください。


(この場合の送料は当店が負担いたします。)

【信楽焼の「しんじるたぬき」】
日本有数の陶芸の地である信楽で「リサ・ラーソン展覧会」が開催されることはリサにとっても大きな喜びでした。何かを信楽の皆さんに、そして日本に残したいという思いが、寄贈された巨大モニュメント「生命の樹」となり信楽焼の「しんじるたぬき」となりました。信楽の全面的な協力の下、信楽焼のリサ・ラーソンの「たぬき」が完成しました。

【なぜ、「しんじるたぬき」なの?】
たぬきについて調べてみると、たぬきは常に夫婦で行動し、夫は子育てにも熱心、そして生涯パートナーを変えない一途な性格だそう。そんな時、リサから送られてきた「たぬき」の、何だか優しそうで思慮深い表情を見ていると、「お互いを信じるたぬき」という言葉が浮かんできました。よく見ると「信楽」の字の中にも信があることに気づきました。「信楽は信じる楽しさ」という意味かもしれない!そこで、ああ、この子の名前は「しんじるたぬき」なのね、となりました。リサが感じた日本のたぬきを、どうぞ可愛がってください。

【信楽焼とたぬきの関係】
明治時代に陶芸家の藤原銕造が最初に陶器のたぬきを作ったとされ、1951年(昭和26年)に昭和天皇が信楽町行幸の際、たくさんの信楽狸に日の丸の小旗を持たせ沿道に設置したところ、狸たちが延々と続く情景に感興を覚え、歌を詠んだ逸話が新聞で報道されました。それをきっかけに全国的に信楽焼のたぬきが有名になりました。

【信楽焼とは】
信楽焼(しがらきやき)は、滋賀県甲賀市信楽を中心に作られる陶器で、日本六古窯のひとつに数えられる。付近の丘陵から良質の陶土がでる土地柄で、登窯、窖窯の焼成によって得られる温かみのある火色(緋色)の発色と自然釉によるビードロ釉と焦げの味わいに特色づけられ、土と炎が織りなす芸術として“わび・さび”の趣を今に伝えている。信楽の土は、耐火性に富み、可塑性とともに腰が強いといわれ、「大物づくり」に適し、かつ「小物づくり」においても細工しやすい粘性であり、多種多様のバラエティーに富んだ信楽焼が開発されている。
 

こちらもおすすめ

最近見た商品